画力底上げテクニック

イラスト上達方法 iPadで模写の練習するなら対象も画像データがオススメ。(具体的なやり方を解説)

こんにちは。ボンゴです。


今回の記事ではiPadを利用した効率の良い【模写】の練習方法を解説していきます。



完全トレースは著作権に引っかかってしまいますが、参考画像から自分のイラストに様々な要素を取り入れる機会は多いと思います。

模写が上手くできるようなれば、より精度高く様々な参考画像を自分の作品に取り入れることが可能です。



是非効率よく模写の練習して、画力アップを図ってみてください。



イラスト上達方法 iPadで模写の練習するなら対象も画像データがオススメ。(具体的なやり方を解説)



模写といえば、参考になる漫画雑誌を横に置き、それを見ながら横に設置した白紙に模写していく方法が一般的だと思います。



ボクも学生のころはひたすらドラゴンボールやワンピースのお気に入りのコマが記載されているページを開きながら模写しました。



しかし模写対象がアナログ(紙媒体)の場合こんなデメリットがあります。



・模写したいページを固定しておくのが辛い

・固定しすぎると特定のページだけ折り目がついてしまいみっともない。

・紙媒体を購入すると家のスペースがどんどんなくなる。



しかし今はデジタルでのイラスト制作が主流の時代です。

模写もデジタルで行うことで効率よくスキルアップが履かれます。



模写対象も画像データにするメリット



紙媒体を購入する必要ないので自分の部屋のスペースを圧迫しません。

指定のページを作業のすぐ横で開きっぱなしにできます。

対象をイラストアプリに読み込めば、トレースも可能です。

模写対象に使用されいる色をスポイトツールで拾って、自分のイラストに同じ色を塗る事も可能です。



メリットを上げたらきりがないと思います。



具体的なiPadを利用した模写の方法を解説していきます。



iPadを利用した超具体的な模写の方法

今回記事を制作するにあたって、iPadの画面録画をして動画資料としてお伝えするはずでした。

しかし



録画失敗!



申し訳ありません。



作画途中の画像データを参考にしていただけると嬉しいです。

iPadで模写の練習をするにあたって必ず使って欲しい機能がマルチ画面機能になります。

やり方はこちらの公式HPにて確認ください。



iPadマルチ画面やり方詳細ページ

https://support.apple.com/ja-jp/HT207582



画面を2分割して左に模写対象、右にイラスト制作アプリを立ち上げたら作業開始です。

今回は著作権フリーの画像をWEBベージから探したので、画面左で起動しているアプリはSafariになります。

今回使用しているアプリは【Procreate】というアプリになります。



大きな作業の流れはこんな感じになります。



①写真を見ながら下描き

②線画

③色を塗りつぶし

④ハイライトを入れて完成


上記参考画像のように、真横にある対象をとにかく写し取っていくだけになります。

そのままオリジナリティをブレンドして自作イラストとして活用も可能です。



今回は基本的なポーズはそのままに若干イラストチックにデフォルメを加えながら作成しました。



全制作時間は30分。



使用したレイヤーは下記のとおりになります。



レイヤー構成(全10レイヤー)

①ハイライトレイヤー

②線画レイヤー(基準に設定)

色塗りレイヤーはグループ化

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③顔パーツ色

④サングラス色

⑤ビキニ紐色

⑥ビキニ色

⑦髪の毛色

⑧肌色

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑨下描き(非表示)

⑩背景色



ボクは色ごとにレイヤーを分けて制作していますが、1つのレイヤーでも問題ないと思います。

分けている理由はある程度完成した後に



「あ!やっぱり髪の毛の色変えたい!」

「肌の色もう少し暗くしたい」

なんてときにレイヤーを分けておくと修正が楽だからです。



完成イラストはこんな感じです。





写真を参考にしながら30分程度でこんな感じで完成させるだけでも以外とそれっぽくなります。

是非、模写▶オリジナリティブレンドして自作イラストへ昇華にチャレンジしてみてください。



1626
NFTアートは誰がどんな目的で購入するのか(作品を販売するための戦略)

続きを見る

-画力底上げテクニック

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.