イラスト上達方法

グリザイユ画法が3倍楽しく描けるようになるコツを解説

こんにちは。ボンゴです。

今回の記事では、グリザイユ画法が3倍楽しく描けるようになるコツを解説していきます。

楽しければ継続でき上達できます。



しかしつまらないと感じてることの継続は難易度が高いです。



グリザイユ画法を学び始めた方の多くは苦戦を強いられます。


あなた
陰影をひたすらつけていく工程がダルい
あなた
普通の塗りでよくないか



そんな感じでネガティブな印象を持ったり、グリザイユ画法自体に疑心暗鬼になったりするものです。

ボクも何度も挫折しました。



今回の記事がみなさまの「グリザイユ画法意外と楽しい!」に繋がってくれたら嬉しいです。

では行きましょう。



✅この記事で分かること

グリザイユ画法を楽しく描くコツが分かる

おすすめの練習方法が分かる。



✅この記事の信憑性

簡単にボクの経歴ですが、デザインの専門学校を卒業後、美術大学へ進学。

油絵を先行し、グリザイユ画法を勉強しました。

副業イラストレーターとしてもイラスト制作は100%グリザイユ画法で制作しています。

本格的に勉強してきており、実務経験もあるの割と信頼して頂けると思います。



グリザイユ画法が3倍楽しく描けるようになるコツを解説



グリザイユ画法がメリットだらけな理由をおさらい

グリザイユ画法を練習していて、上手くいかない日が続くと

あなた
「あれ・・?俺なんでこんなことしているんだっけ・・・」

となります。



そんな方向けにまずグリザイユ画法のメリットをおさらいします。

練習する意義が明確であればモチベーションも保ちやすい思います。



グリザイユ画法の圧倒的メリット

・スピードが早い

・完成後の手直しが楽



通常塗りは「着色」と「陰影」を同時に行います。

しかしグリザイユ画法はこの工程を2つに分けて行います。



陰影が決まらなくても、着色を進められる。

着色が決まらなくても、陰影を進められる。



工程を分けることで、作業の効率化・スピードアップが可能です。

また作業を工程を分けることによって完成後の手直しが超楽。



イラストの仕事をしていると完成納品後に

「ここの色をもうちょっと。。」

なんて要望を受けることがあります。



グリザイユ画法であれば、陰影はそのままに着色だけサクッと変更可能です。

スピードと手直しの楽さ。

グリザイユ画法は、通常塗りよりもビジネス向きです。

「イラストで稼いでみたい」と思っている方こそ是非練習すべきだと思います。



「塗る」ではなく「描きこむ」を意識する

描いた線画をなぞりながらひたすら立体感を出していく作業

こんなイメージで陰影を描き進めている時は非常につまらないです。



完成イメージに向かってまっすぐ進すめるだけだけ。

完成しても「イメージ以上」の作品はできない。

そんな状態だとモチベーションも保ちづらいですよね。



ボクなりの楽しむコツになりますが、グリザイユ画法で陰影を描き進めている時は

「塗る」よりも「描きこむ」をイメージしましょう。



決められた線画にそって立体感を出していくだけでなく、陰影で線画に情報量を足してい感じです。



バランスにもよりますが、のっぺりとしたイラストよりもある程度情報量が多い方が、作品のクオリティが向上します。

下の図の左の球体のようなイメージで陰影を作成している方は、極端ですが右の球体のような陰影で「描き足す」イメージで挑戦してみてください。





1つのレイヤーのオーバーレイで満足しない

グリザイユ画法を始めたばかりの方は、「陰影レイヤー」の上に「オーバーレイのレイヤー」を1枚被せているだけの方が多いように感じます。

それだと色もくすみやすいし、自分の完成イメージ通りに中々ならなかったりします。

ボクも最初はこの罠にはまりました。



陰影レイヤー、オーバーレイレイヤーどちらをどれだけ弄り倒しても、一向に良くならない。

そんな時は、1枚のオーバーレイレイヤーではなく、オーバーレイのレイヤーを複数作って重ねてみたり、乗算レイヤーなどを重ねてみてください。

きっと一気にあなたが通常塗りで出せるクオリティと同等の塗りができるようになります。



ちなみにボクの場合は下記のような感じでレイヤーを重ねています。



まだまだ勉強の途中ですが参考にしてみてください。



具体期な練習方法

好きなイラストーレーターやマンガのイラストを模写してグリザイユ画法で塗ってみるのも楽しいです。

しかしボクのおすすめは写真を模写してグリザイユ画法で着色するという練習方法です。



現実を写し取った写真にはイラストにはない「多様で複雑な陰影」が存在します。



立体感を出す塗り作業ではなく、影を描き加える作業になるので楽しく練習でき、以降の自分のイラストへも応用可能です。

ボクが最近写真をみながら練習したグリザイユ画法のイラストがコチラになります。



コチラの記事でも詳細なやり方を解説していますので良かったら参考にしてみてください。



【iPadでイラスト制作】グリザイユ画法の手順解説



【イラスト上達術】写真を模写するメリット・デメリット(上手く描けない時の対処法も解説)



この記事を読んでいただいた方が「グリザイユ超楽しい!」となってくれたら嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。




-イラスト上達方法
-,

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.