塗り方

【イラスト】肌を一瞬で綺麗に塗る練習方法を解説

あなた
キャラクターの肌が綺麗に塗れるようになりたい



 

こんにちは。ボンゴです。

今回の記事ではこのような悩みを持つ方向けに、一瞬で肌が綺麗に塗れる方法を解説していきます。



女性キャラクターを描く場合特に、肌色には気を使いますよね。



筋肉のゴツゴツした感じ

女性らしい柔らかさ

透明感のある肌

陶器のようなツルッとした肌



一概に肌の塗り方といっても様々です。

今回の記事が、あなたの理想の「肌」の塗り方のヒントになってくれたら嬉しいです。



✅この記事で分かること

肌を綺麗に塗る方法



✅この記事の信憑性

デザイン専門学校▶美術大学と卒業。

割と本格的に美術を勉強してきました。

デザイナーとしても実務経験もあるのである程度信頼して頂けると思います。



【イラスト】肌を一瞬で綺麗に塗る練習方法



「肌を塗る」と聞いてまずイメージするのはこんな感じではないでしょうか。



肌色がベース

影になっている部分は茶色っぽく。

部分的に赤や黄色っぽい色を足す。



もちろん全て正解です。



しかし、肌を綺麗に塗る練習方法として必ず知っておいたほうが良いのが【グリザイユ画法】です。

いきなり「画法」なんてキーワードが出てきてしまいましたが、まずはこちらの画像を見てみてください。



人っぽいのは分かるけど、はみ出しまくり。

グラデーションも汚い。ほぼ単色ベタ塗り。

こんなイメージだと思います。



実際に殆どベタ塗りで、この着色をするのに10分も使用していません。



 

次に、このイラストの完成図がコチラになります。



10分で着色したにしては、結構完成度高いと思います。

何がどうなって、最初の画像が完成画像になるのか。

ボクも最初は意味が分かりませんでした。



下絵段階で肌の陰影をつけておく。

グリザイユ画法とは、モノクロで制作したイラストの上に、【オーバーレイ】というレイヤーモードで色を重ねる画法です。

今回モノクロで作成したイラストはコチラになります。



モノクロのみで肌の立体感などをすでに描き込んでおけば、あとはオーバーレイで肌を単色でササッと塗るだけで一気に完成します。

今回ご紹介したイラストのレイヤー構造はこんな感じです。





あとから簡単手直し可能

今回ご紹介した塗り方であれば、色味をあとから修正したくなっても、すでに陰影は別レイヤーで作成してあるので簡単に修正が可能です。

このイラストもこのテイストのまま、簡単にもっと美白にしたり褐色肌にしたりできます。



肌の微妙な色味で悩むことも激減するので是非、モノクロで陰影を先に描いておく▶オーバーレイで着色という工程で、肌を塗ってみてください。



 

この記事を読んでいただいた方が、最高に美白になってくれたら嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!



-塗り方
-, ,

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.