スマホ節約テクニック

【ドコモ新料金プラン発表】通信業界勤務10年目サラリーマンの感想と解説

こんにちは。

本日2020年12月3日。ついに来ましたね。

ドコモ新料金プラン。



今回の記事で通信業界勤務10年目のボクが発表内容の感想と、

実際にお得なのか?お得じゃないのか?発表を受けて自分の契約内容はどのように見直していけ良いか?

を解説していきます。



✅この記事で分かること。

・通信業界10年目の業界人の発表内容への感想

・ドコモ新料金プランはお得なのか

・発表を受けて自分の契約をどう見直していけばよいか。



✅この記事の信憑性

ボクは携帯ショップで5年ほどエリアマネージャーとして勤務していました。

その後は大手通信会社に転職し、今は法人のお客様向けに通信周りの提案をするサラリーマンです。

通信業界歴も約10年と気づけばかなり長いので、割と信憑性あると思います。

是非参考にしてみてください。



【ドコモ新料金プラン発表】通信業界勤務10年目サラリーマンの感想と解説

ドコモ新料金プラン【ahamo(アハモ)】

発表内容の詳細はこちら公式HPを御覧ください。

ドコモ公式HP▶新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表

気になる内容ザックリまとめるとこんな感じです。



いつから新料金プラン提供になるの?▶2021年3月

月額料金は?▶2,980円(税別)

使えるデータ通信量(GB)は?▶20GB

通話料金は?▶5分以内通無料です。+1,000円でかけ放題にできます。

新料金プランに変更するのに手数料はかかる?▶無料です。

5G通信は使える?▶使えます。

その他注意事項があれば知りたい▶受付がオンラインからのみです。ショップでは対応しません。



細かい内容別にして多くの方が気になるポイントはこんな感じだとおもいます。



ちなみに日本のスマホ利用に関するアンケート調査で以下のような結果があったりします。



毎月の利用通信量の平均▶約6GB

加入している通信プランが5GB以下▶約50%

速度制限にかかったことがある人▶約40%

毎月速度制限にかかってしまう人▶約7%



かなり多くの人が速度制限にかかった経験があり、自分の残り通信量を気にしながらスマホを利用しています。

でも理想はそんな余計な心配をすることなくストレスフリーでスマホを利用できることだと思います。



今回発表されたドコモの新料金プランの20GBという通信容量は上記数字から見ても多くの人がストレスフリーでスマホを利用するのに十分な量です。



そして価格も2,980円。

これまで既存の料金プランと比較しても超安いです。

ちなみに【大手キャリア】【格安SIM】【MVNO】別の月額料金の平均額はこんな感じになってますので、今回発表された内容がいかに安いか分かると思います。



通信業界10年目の業界人の発表内容への感想

発表うけてボク並びに、ボクの周りの業界人の感想です。

①安!

②これYモバイルとUQモバイルどうすんの?

③うちの会社景気悪くなりそうだなー。

こんな感じです。



特にこれまで通信品質が高い大手三キャリアは格安SIMと比較して高額な料金設定になっていました。

僕自身も個人利用のスマホはビックローブモバイルを利用しているのですが、たしかに安いが通信品質は大手に劣る。

これが事実です。



とくに通勤時間帯・お昼時間帯・退社時間帯はすごく遅くなったりします。

車で例えるなら軽自動車は安くて当然(格安SIM)なのですが、今回のドコモの発表は高級車がこれまでの半値で購入できるようなイメージです。



すこし前にSoftbankとauがサブブランドのYモバイルとUQモバイルで新料金プランを発表していました。

しかし、いずれもサブブランドへの移行等で手続きが面倒な上にドコモの新料金プランより1,000円以上高額です。

【どうすんだよこれWW】というのが正直な感想です。



③の【景気悪くなりそう】という感想は、ボクの勤務する通信会社も含めて利益の多くはお客様にお支払いいただいている毎月料金が大きなウェイトを締めています。

ドコモに続き今後はおそらくSoftbank,Auも追従するのでそうなると必然的にお客様から頂ける毎月の料金は少なくります。

そうすると会社の収益性は悪化しビジネスがしづらくなり、給与やボーナスが下がっていきます。



いち個人消費者としてはすごく嬉しい発表内容ですが、業界人からすると怖さ半分という感じです。



発表内容を受けてどんなアクションが最適解か。

今回発表された新料金プランは来年の3月から受付がスタートします。

また毎月の通信量が20GBも必要ないユーザー向けにMVNOと連携した追加のサービス発表が12月中にあるとの事でした。



追加の情報発表を待つもの良いですが、個人的に料金プランの変更や見直しに【待ち】という概念はないと思っています。

料金が高いまま利用し続けるのが一番もったいないからです。



ドコモの追加発表内容がどうあれ、最短で見直しをして現時点で選択できるももっとも適切なプランにすぐに変更するのが生涯支払う合計通信費を減らす最適なアクションだと思います。



幸い現在は総務省の加入もあり解約金や事務手数料が昔ほど発生しません。

月額やすくなれば数ヶ月でもとがとれるのでそういった意味でも【即行動・見直し】のデメリットは無いと思っています。



そうは言っても料金プラン調べたり、自分に何が一番適切か判断するのって難しいはずです。

こちらの記事で【選択基準】に関しても解説していますので、自分で色々調べたりするのが面倒くさい方はチェックしてみてください。



【格安SIMのオススメ選択基準】イラストを副業にしたい方向けの固定費節約術



まとめ:新料金プランはコスパ最強!必ず選択肢に入る。

大容量かつ高品質かつ安価。これが今回発表内容です。

ほとんどの方が現在の料金と比較しても満足度の高い内容であることは間違いありません。



先にもお伝えしましたが新料金プランの受付は来年3月からです。

だからと言って来年の3月まで現在の高額な料金プランのまま利用しつづけるのももったいないです。

携帯料金って小難しくて業界人であるボクも嫌になる時がありますが、すこしの労力で得られる節約額リターンはかなり大きいです。

今回の発表を見直しの良い機会にして節約していきましょう。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

-スマホ節約テクニック
-, , , ,

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.