プロフィール

【2020年最新版】オススメ一括見積もりサイト(選ぶ基準の解説)

こんにちは。ボンゴです。

2020年9月もあと少しとなりました。

全国に拠点のある企業にお勤めの方は、引越しを移動を伴う内示が既にでている頃だと思います。

ボクの勤務先でも9月と3月はみんなどことなくソワソワしています。

しかも移動の話ってギリギリまで他人に言ってはいけないルールの企業も少なくないので、みんな疑心暗鬼になっているケースもあるのではないでしょうか。

今回の記事では、限られた時間の中で超速かつ最大コスパで引越し会社を選択する方法とその基準を解説していきます。

来月引越し予定の方、または近日中に引越しの予定があるかもしれない方は是非チェックしてみてください。

ボク自身、就職や転職などが理由で直近2年間で3回住所が変わっています。

ボクの【失敗した経験】【これはやっておいて良かった経験】も含めて解説していきます。

ではいきましょう。

【2020年最新版】オススメ一括見積もりサイト(選ぶ基準の解説)

先に結論ですが、引越しに際して、一社一社連絡をとり相見積もりを取るのはコスパが悪すぎます。

また無感情で不動産屋がオススメする引越し業者を使うのも損する可能性大です。

必ず【一括見積もりサイト】を利用するようにしましょう。

最も有名なのがSUUMOです。

オンラインから簡単に一括見積もりが可能です。

SUUMOの引越し一括見積もりはコチラ

業界最大手でネットでの評判も悪くないので非常にベターな選択肢だと思います。

ただし必ずしもベストな選択肢でない可能性もあるので、理由とオススメ一括見積もりサイトを合わせて解説していきます。

サラリーマンには時間がない!

転居を伴う移動。

ぶっちゃけ引っ越しどころではないほど忙しいです。

何故ならサラリーマンは新天地で仕事をいち早く覚える必要があります。

必要な上司や部下取引先に挨拶回り、そして歓迎会等々、目が回るほど忙しいはずです。

それにプラスして旧部署での、後任への引き継ぎやお別れ会等も開催されます。

自分でゆっくり荷物まとめて、移動。

家具の配置も考えて〜。

なんて考えては捨てましょう。

ボクの知る限り【最安は自分で全部やる事】と頑張って引っ越ししたほとんどの方は、半年経過しても荷物を詰めた段ボール箱が未開封になっています。

全力で業者を利用して、引っ越しという【作業】にかかる時間はお金で解決するのが最もコスパが高いです。

重要なのは【安さ】と【スピード】です。

万単位の費用はネットでの申込のみだと不安が残る。

よく引っ越し業者からの電話営業苦手。

ネットからの一括見積もり比較の方が気が楽。という方がいます。

すごく気持ちわかります。

ただボクの場合、万単位の費用が発生する出費がすべてネット申込のみで完結してしまうと逆に不安になります。

自分のオーダーが正しく伝わっているのか?

どこかで入力ミスしてて引っ越し当日ひトラブルになったら。。

等々

ボクも電話営業がかかってくるのは好きではありませんが、対お客様の仕事しているサラリーマンの方であればわかると思います。

人と人とのやりとりこそ【価格交渉】が可能な部分です。

機械がはじき出した試算結果はそれ以上にも以下にもなりませんが、人間相手ならそこに振り幅が産まれます。

【電話】という少し労力は発生しますがやる価値はあります。

オススメは、

【〇〇円以下ならこのお電話で決めさせて頂きます!】

と自分の希望価格をストレートに伝える事。

仮に相手の回答が100%満足のいく回答でなかったとしても、必ず値下げ交渉をしてくるはずです。

ボクは最も直近の引越しの時は、自分と似たような荷物の量の引越しを経験している友人や同僚に

【いくら費用が発生したか?】

を聞いて周り、平均価格の80%くらいでふっかけました。

結果希望価格通りで安く引越しができたので、是非やってみてください。

散々入力したあげく、すぐに見積もり結果が表示されない。

ただでさえ多い一括見積もりのための入力項目。

全項目入力しおわって、やっと試算結果がでる!と思ったら。。

【入力頂いた内容をもとに後ほどメールにて連絡させて頂きます】

正直イラっとします。

とにかくサクッと見積もりが知りたいので、こんなサイトは個人的には論外となります。

見積もりが取れたら、その後に【選択】、そして【申込】という工程が控えているので、見積もりを取る段階で労力と時間をかけたくありません。

重要なのはスピードです。

まとめ:電話での交渉の余地がありかつ【速い】が最適解

前提として【電話でのやりとり】というある意味デメリットが含まれる選択肢にはなってしまいますが、

ボクはLIFULLというサービスががおすすめです。

理由は下記の通りです。

最大手から地域の業者まで広く見積もりが取れる。

最短45秒で最大100社以上から見積もり取得可能。

電話での連絡あり。(人間相手に価格交渉でる可能性有り)


LIFULL引越し見積もり

多くの選択肢を網羅できていてかつ、【スピード】と【交渉余地】がある見積もりサイトだと、こちらが最適解だと思います。

これは勧誘文句なので期待は禁物ですが、アンケート回答で

抽選で10万円キャッシュバックCPも実施されているので運試しには良いかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では目が回るほど忙しいサラリーマンの引越しのための最適解に関して解説しました。

ゆっくり時間がある方は別の選択肢も十分に検討する余地がると思います。

是非参考にしていただけると嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

-プロフィール
-, , ,

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.