本業の最適化テクニック 残業削減

在宅勤務の為にサブディスプレイを購入するのはもったいない。(レンタルサービスのメリット・デメリットを解説)

あなた
在宅勤務しているけど効率が悪い。
あなた
貸与された在宅勤務用のノートPCを利用しているけど、画面小さすぎて辛い。
あなた
コロナが収束して在宅勤務が終わったら、不要になってしまうのでディスプレイの購入も気が引ける。



 

こんにちは。

絶賛在宅勤務中のボンゴです。



ボクが勤務先から在宅勤務用として貸与されているノートPCの画面が12.1インチとかなりの小型モデル

画面が小さすぎて本当に目が疲れるし、効率が悪いです。



在宅勤務のストレスを緩和して効率を上げるための、ディスプレイの購入を検討していたのですが色々な問題があります。



そもそもコロナが収束して在宅勤務が終了したら邪魔になる。

仕事の業務効率化をはかるのに、自分のポケットマネーを使うのが気が引ける。

嫁に「そんな余分なもの購入するなんてもったいない!」と怒られそう。



今回の記事では、



「短期的にサブディスプレイを安く利用できる「レンタルサービス」



に関して、サービス内容やメリット・デメリットを解説していきます。

ボクと同じような境遇の方は参考にしてみてください。



在宅勤務の為にサブディスプレイを購入するのはもったいない。(レンタルサービスのメリット・デメリットを解説)



いきなり結論にりますが、今回ご紹介するのは、男なら誰もが知ってるあの「DMM」が提供しているサービス。



「DMMいろいろレンタル」



というサービスになります。



公式サイトはコチラ▶DMMいろいろレンタル



公式ページ左バーの商品ジャンルから「PC・オフィス」▶「テレワーク用品」でレンタル可能なサブディスプレイがチェックできます。



YouTubeやTwitterで流れてくるCMでご存じの方もいるかも知れません。

ディスプレイのレンタルの特化したサービスという訳ではなく、「家電」「カメラ」「趣味」「レジャー」等など様々なジャンルの品物をレンタル提供しているサービスになります。



ディスプレイのレンタル料金や商品仕様まとめるとこんな感じです。

※他にも微妙に条件が違うディスプレイ商品が多数あるのでスペック等比較したいかたは公式HPをチェックしてみてください。





送料無料で月額3,500円程度なので、短期的な利用が前提であれば、購入するよりもかなり安く利用が可能です。



在宅勤務用にサブディスプレイをレンタルするメリット

同型のディスプレイを購入すると、1万円以上する場合が多いので、短期的な利用前提であれば安く済ますことができます。

コロナが収束し在宅勤務が終わった場合も、返却すればOKなので使わないディスプレイが家に残ることもありません。



「レンタル」というのは、割と最近のトレンドです。

車やスマホ等も続々とレンタルサービスが台頭してきています。



背景には、消費者のマネーリテラシー向上&コロナ不景気で出費に敏感になっているという状況があります。

自分で「所有」することにメリットを感じない方が増えているのでレンタルサービスの需要が高まっているようです。



サブディスプレイというのは、あなたの仕事内容を知らない奥さんや同居の彼女からしたら「単純な贅沢品」に見えてしまう場合もあります。

しかしレンタル月額3,500円であれば、小言を言われる可能性も低くなります。

個人的には、在宅勤務が終わっても使わないディプレイがずっと家にあると、小言をいわれそうなので、在宅勤務が終わったら返却してスッキリできるのも嬉しいポイントです。





レンタルメリットまとめ

短期的な利用なら購入するよりも圧倒的に安く利用できる。

在宅勤務が終了したら返却すればOKなので邪魔にならない

レンタルしたディスプレイを買い取ることも可能。

「余分な贅沢品を購入した」と奥さんに怒られない。



サブディスプレイをレンタルするデメリット

長期的な利用になると、「最初から購入したほうが良かった。」となりかねません。



これはボクの感覚になりますが、「向こう3ヶ月以上の在宅勤務が確定している」状況ならぶっちゃけ購入したほうが良いと思います。



またレンタルしているディスプレイをそのまま「購入」も可能です。

15,000円前後で購入可能です。



しかし、中古品を15,000円で購入するなら始めから「新品購入」の方のがコスパが高いです。

使用しなくなったらメルカリで売ってしまうのも良いかもしれません。



レンタルデメリットまとめ

3ヶ月以上の長期的な利用が前提の場合、コスパが悪い。

レンタル商品も購入も可能だが、中古品にしては割高なのでコスパが悪い。



実際の口コミ評価



口コミを調べてみると意外と利用されている方も多く、評価も高そうです。

聞いたこと無いレンタル会社のサービスより、認知度のある「DMM」サービスのほうが安心できます。



提供する企業規模が大きければ、それだけ自社ブランドイメージを大事にしているので品質にも期待できます。



必要だけど、買うと高いものや置き場所に困るものをレンタルしてみよう

スーツケースなどの旅行関連からファッション、今回解説させて頂いたディスプレイまで、DMMいろいろレンタルでは多種多様な商材がレンタル可能です。

一時的な用途で購入したけど、ほとんど使わないもので家が溢れていく状況はオススメできません。



賢くレンタルサービスを利用して、生活の満足度を上げ節約してみてください。

レンタルで節約できたお金で本当に必要なものを購入したりプチ贅沢してみるのも良いかもしれません。

ここまで読んで頂きありがとうございました!



公式サイトはコチラ▶DMMいろいろレンタル

-本業の最適化テクニック, 残業削減
-, ,

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.