スマホ節約術 稼ぐサービス(フロー型)

【オリジナルイラスト販売】最短で販売する為の5つの手法

こんにちは。ボンゴです。

今回の記事ではオリジナルイラストを最短で販売する方法をお伝えしていきます。

ボク自身漫画家を目指していた約10年ほど前、お小遣い稼ぎで描いたイラストをネット上で販売してました。

最高価格は1枚8,000円、安いものは500円程度で落札される事もありました。

自身の絵柄が気に入っていただいた方とはサイトを経由せずに、個別のオーダーを受け希望いただいた内容を描き販売していました。

そうなると一枚あたりの平均価格は3,000円以上くらいにはなったと記憶してます。

世の中にはすごい方もいて50万円近い値段がついているのも見かけた事があります。

そのレベルまでいくとすでにプロですが、そう考えると夢がありますよね!

自身のイラストが中々売れない

スキルマーケットサイトに登録したけど回覧者が増えない

そんな悩みをもつ方々に対して【最短で売る】をキーワードに解説していきます。

是非参考にしてみて下さい。では行きましょう。

【オリジナルイラスト販売】最短で販売する為の5つの手法

アナログ?デジタル?おすすめはどっち?

結論:アナログです。

複写が簡単に可能なデジタルイラストは、購入者にとって圧倒的にお金を出す価値がありません。

購入者の目的は【この世に一枚しかない美しい原画】を自分の手元に置いて所有欲を満たす事です。

自分の立場に置き換えて考えればすぐに分かると思います。

ネットでどんな画像も簡単にダウンロード可能な今の世の中で同じも物をわざわざお金を払って買う方はいないと思います。

もちろんデジタルで成功されている方もいます。

そんな方々が持っている圧倒的武器は【画力】です。

極めて完成度の高い作品にはそれがデジタルだろうとお金を払ってくれるユーザーは多くいます。

どこで売ればいい?

結論:大手オークションサイトがおすすめです。(ヤフオク等々)

大手オークションサイトで【イラスト】・【手描き】で検索するところから始めましょう!

様々なジャンルクオリティの作品が検索ヒットするはずです。

最近トレンドのココナラやスキルマーケット等々も有効ですが、歴史の長い大手オークションサイトと比較して圧倒的に【集客力】がありません。

誰にも見られなければ作品が素晴らしくても売れないのは当たり前ですよね。

オークションサイトでファンを増やして、各種スキル販売サイトに誘導していくと収益率も上がっていくとおもいます。

取りあえずずこの辺りのサービスは最近CM始まり、現在の副業ブームの影響で今後伸びる可能性が高いです。

無料登録してマイページは自分の作品で充実させておくのがおすすめです。

無料でネットショップがはじめられる【BASE】

個人間イラストオーダーメイドサービス【SKIMA】

TVCMで話題の【ココナラ】無料会員登録はこちら

一番売れるオススメイラストのジャンルは?(ぶっちゃけ解説)

結論:セクシー系

これが真実です。

ただ完全な18禁はアウトなので良識の範囲内で攻めて下さい。

あまりやりすぎるとアカウント停止くらう可能性があります。

世の中の同人市場を見れば、セクシー系ジャンルが人気なのは当然です。

しかも気に入った【原画】が【匿名】で身バレの心配なく購入できるのはユーザーにとって大きなメリットになります。

もう一点重要なのが、100%オリジナルキャラよりも二次創作が売れます。

購入者は見た目だけで好き嫌いを判断するわけではありません。

そのキャラの背景や名シーン・セリフが想起できる【原画】に価値を見出します。

おすすめの画材・塗り方

結論:コピックマーカー、スケッチブック

単行本の表紙などに使われる、アナログで着色する際の最もポピュラーな画材です。

利点はグラデーションを含む、多種多様な表現ができる事です。

漫画家 大暮維人先生のコピックを使ったイラストを見るといつも驚愕します。

是非参考までにチェックしてみてください。


デメリットは【結構高い】

 1本300円〜400円します。

特に肌色はめちゃめちゃ使うのでベースセットを最初購入して、後からよく使う色を買い足していくのが良いとおもいます。

スケッチブックがオススメの理由ですが、マンガ原稿用紙やケント紙よりも発色がよく、グラデーションも他の用紙と比較して表現しやすいからです。

またオークション出品時は作品をカメラ撮影するのですが、反射しないのでカメラ映りが良いのもメリットだと思います。

制作費用を削りコスパを上げるコツ

結論:B5サイズで描く。

ボクは最初はA4サイズやそれ以上のサイズで描いてました。

ただ時間もかかるしコピックマーカーもガンガン無くなります。

販売価格 ー 画材代 ー 作業時間 =利益となります。

いかに画材代を抑えて作業効率化し高く売るかがコスパを上げるカギになります。

ボクはB5よりもっと小さいサイズはどうか?と考えてハガキサイズで何十点か出品してみましたが、そこまで小さくなると落札価格が上がりずらかったです。

いかがでしたでしょうか?

購入者の気持ちを考えて、人気ジャンルを選び上記の通りオークションに出品すればすぐに入札が入ると思います。

自分のイラストを販売してお金を儲ける【一丁目一番地】として是非チャレンジしてみてください。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

-スマホ節約術, 稼ぐサービス(フロー型)
-, , , ,

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.