サービス&ガジェット

【予約ストップ!】後悔しないiPhone12Proの色の選び方(元デザイナーがお伝えする満足度の高い選択基準)

あなた
iPhone12Proほしい!
あなた
どの色が良いか悩むー!

あなた
おすすめのカラーが知りたい!


 

こんにちは。ボンゴです。

今回の記事ではiPhone12Proが欲しくてたまらない、またはすでに購入は決定してるけど色選びに悩んでいる方向けにボクなりの【選び方】をお伝えしていきます。

ボクの経歴ですが、美術大学で色彩系の勉強経験があり、その後もデザイナーとして勤務していました。

その後携帯ショップのマネージャーとして約5年間勤務していました。

初めてiPhoneを購入する方から、機種変更する方。女性・男性問わず色選びで沢山のお客様の相談に乗ってきた経験があるので多少参考にしていただけると思います。

では行きましょう!

【予約ストップ!】後悔しないiPhone12Proの色の選び方(元エリアマネージャーがお伝えする満足度の高い選択基準)

本記事では各カラーの詳細解説というよりは、選択する基準として何を重視すべきかを解説していきます。

具体的なスペックや仕様が知りたい方はAppleの公式ページをチェックするのがおすすめです。

https://www.apple.com/jp/iphone-12-pro/

色毎のリセールバリューに関して

いわいる【売値】は色ごとに違うのかという点ですが、発売して数ヶ月は新色のブルーの買取価格が高くなるはずです。

しかし1年以上経過すると色による売値の違いはほぼ無いと言って大丈夫だと思います。

車のように売るときのことを考えて、無難な色にしておく。

というよりあなたが本当にほしい色を選択するようにしましょう!


ちなみに余談になりますが、iPhone12の購入を検討している方のほとんどが現在もiPhoneを利用しており、機種変更と同時に中古で販売するか、または携帯ショップで下取りに出すと思います。

元携帯ショップ勤務のボクが必ずお伝えしたいことは

【ショップでの下取り価格が必ずしも最適解ではない】という事です。

売り先を探すのはめんどくさい部分もありますが、結構金額違う場合がりますのでここはひと手間かけるのがおすすめです。

買取サイトの有名どころのリンクを貼っておきますので、今使っているiPhoneの売値をチェックしてみてください。

(アイフォンプラザ |iPhone・iPad・Macbook等の買取)


iPhone7、8から切り替え予定の方へ。

今回のiPhone12への切り替えを実施予定の方で一番多いのは、今iPhone7または8を利用してる方のようです。

iPhone7,8利用中の方が今回のiPhone12を選択するときに確認したほうが良ポイントは1つ。

ベゼルレスデザイン※画面余白部分が無いデザインの為、これまで利用していた色と同じ色を選択しても結構印象が変わるという点になります。

特にシルバーとゴールドは、iPhone7、8の場合は液晶画面周りが白色だったと思います。

※参考画像

白は膨張色といって実際よりも大きく見える効果があり、逆にグラファイトのような暗い色は実際よりも小さく見える効果があります。

iPhone7や8は液晶周りが白い事によって画面が大きく見える効果がありました。

しかし現在のiPhoneは余白そのものが無くなってしまっているので自身の手に持った時の印象が大きく変わる点を頭に入れておきましょう。

液晶周りが白いことによって、ゴールドやシルバーは

【女性が好むデザインのケースや装飾品と相性が良い】という特徴がありました。

iPhone本体と同時にケースも色々探されているかと思います。

女性らしいイメージや明るいイメージでiPhoneを持ちたい方は、ご自身のケースの色と相性のよい【待ち受け画面】を設定することでより統一感がでます。

今のうちからiPhone12の待ち受け画面はこれにしよう!みたいな感じで探しておくと良いかもしれません。

ドヤ顔できるのはやっぱり新色!だだしレザー系ケースの場合は注意。

パシフィックブルー!かっこいいですよね。

新しいiPhoneを持っている!

その事自体がステータスである場合があります。

自分のポケットやカバンから取り出してiPhoneを眺めるたびに幸せになれる、そういう意味では新色が満足度が高いと思います。

あまり主張が強い色だと、ケースとの相性を考えなければいけませんが、今回新色として発表されたパシフィックブルーは落ち着いたダークブルーでどんなケースでもある程度相性気にすることなく選択できると思います。

ただレザー系のケースを検討している方は注意。

今回のパシフィック・ブルーとレザー系ケースの【明るめのオレンジ】は補色関係にある場合があります。

補色関係とは、簡単に言うと

【隣り合わせると目がチカチカする組み合わせ】になります。

紫色と黄色が隣り合っているイメージがわかりやすいと思います。

補色関係が必ずしも悪いというわけではありませんが、毒々しいイメージになってしまう可能性があるので注意しましょう。


まとめ:コーディネイトは待受画像込で考えるとGOOD!

もちろん人によりますが、iPhoneを【裸】で使っている人は少ないと思います。

最新かつ高額なiPhone12proを持ちたい方なら絶対【落として割れた】なんて事態は避けたいはずですよね。

iPhoneの色選びのコツは、あなたが使いたいケースの色や、バンカーリング、カバンの色、同系色の他アイテムをどれくらいもっているか。

自分のアイテムに統一感を出したいのか。

それとも暗いカバンの中で目立つような色を選択したいのか。

実際の利用シーンをなるべく自分の生活シーンに落とし込んで具体的に想像してみるのが、満足度の高い色選択をするコツになります。

またベゼルレスによって、

より本体色+ケースの色+【待受画像の色味】も重要なコーディネートの要素になっています。

色々迷っている今が多分一番たのしい時期だと思います!

いろいろな妄想をしながら色を選択しましょう!

iPhoneの予約は途中でカラー変更を希望すると、到着予定が大きく遅れてしまう場合があるので

【誰よりも早く手に入れたい!】

という方はすこし慎重になったほうが良いかもしれません。

このブログでは、ボクの経験を生かてスマホ料金を思いっきり下げるコツなどもご紹介してます。

通信料金を見直す事によってiPhone12を【実質無料】で手に入れることも可能です。

気になる方はこちらの記事もチェックしてみてください。

【2020年】最新のiPhone12を実質無料で購入する裏技

この記事を読んでいただいた方が、最高に満足できるiPhone12Proを手に入れてくれたら嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

-サービス&ガジェット
-, , , ,

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.