オススメガジェット

【iPadでイラストを描く】 おすすめの作業環境・ツールを紹介

あなた
イラスト制作するのに必要な作業環境が知りたい。
あなた
必要な作業環境を揃えると幾らくらいお金が必要なのか知りたい。



 

こんにちは。ボンゴです。

今回の記事では、このような悩みをを持つ方向けに実際のボクの作業環境や、オススメツール。

そして全部そろえた場合の予算を紹介していきます。



前提として、ボクはiPadProでイラストの仕事を全て行っています。

アナログは一切やりません。



ごちゃごちゃしているのは嫌いで、机の上も予算も最小限にしています。



アナログメインで制作している方等、前提上限があまりに違いすぎる方には参考にならないかもしれません。

予めご了承ください。



✅この記事でわかること

iPadイラストレーターにおすすめの作業環境が分かる

副業イラストレーターを始めるためのの最低限の投資額が分かる



✅この記事のデメリット

アナログイラストメインで活動されている方には参考になりづらい

最高・最強のがジェット・ツールを追求する方には参考になりづらい



✅この記事の信憑性

ボクは本業サラリーマン、副業イラストレーターとして生活しています。

副業の収入は月に5桁程になります。

20代は全力でマンガ家を目指して結局挫折。

その後、デザイナー▶営業職として現在サラリーマン中です。

副業で収益化できており、一応デザイナーとしての実務経験もあるのである程度信頼して頂けると思います。



【iPadでイラストを描く】 おすすめの作業環境・ツールを紹介



【画像】実際のサンプル作業環境

いきなりになりますが、ボクの実際の作業環境とそれぞれのアイテムの金額がコチラになります。





全部そろえたら26万円以上。自分でも改めて高いと感じました。

PCが不要な場合は17万円弱になります。



肝心の机は正直なんでも良すぎて記載してません。

ボクの場合は近所のニトリで7年くらい前に購入したものをずっと利用しています。

※床からの高さは75センチ程で1万円くらいだったと思います。



iPadでイラストレーター作業環境のメリット

写真のとおり、割とすっきりシンプルな感じです。

そもそもiPadのメリットというのが「いつでもどこでも絵がかける」なので、ずっとデスクで作業する必要もありません。

ボクもつかれたら、リビングやベッドにiPadを持っていって絵を描いています。



ボクはアナログイラスト制作をずっとやっていました。

その時と比較すると、圧倒的にデスク周りがシンプルになっています。

デジタルが遠い存在だった頃は、参考資料も原稿用紙もトーンもコピックマーカーも絵の具も全部デスク周りに置いていたのでとてもごちゃごちゃしていました。

今ではそのすべてがiPad1台で網羅できます。

本当に幸せな時代になりました。





特にオススメのツール

今回ご紹介したアイテムの中で特にオススメできるのが以下2つになります。



・ゲーミングチェア(オットマン付)

長時間作業しても疲れづらいのと、疲れたら足を伸ばして背もたれを倒して仮眠できます。

意外といろんな姿勢でイラスト制作ができるのも個人的にオススメなポイントです。







・PC・タブレットスタンド【BoYata】

色々なガジェット好きの方々がオススメしているスタンド。



メリットはなんと言っても超硬い関節!



ボクはかなり筆圧が強いほうなんですが、スタンドにiPadをセットして絵を描いてもビクトもしません。

イラスト制作において、角度は超重要です。



平面よりもすこし角度をつけるだけで、とても描きやすくなりますので是非試してほしい商品です。





予算を抑えて生産性の最大化がコンセプト

液用タブレットや高性能PC等、こだわりだしたらデスク周りだけで100万円近くかかってしまう場合もあります。



副業としてイラストレーターを目指すにあたって、そんな初期投資はボク自身したくないですし、してほしくありません。

ぶっちゃけ今回ご紹介した商品も「必須」だけで絞ると、それこそiPadとApple Pencilだけになります。



「副業は小さく始めてコツコツ伸ばす」



が重要です。

本記事を参考にしていき、副業イラストレーターをスタートしていただけたら嬉しいです。



今回ご紹介した商品は以下にまとめておきます。

気になる方はチェックしてみてください。





-オススメガジェット
-, ,

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.