イラスト上達方法

【イラスト上達術】社会人が画力0から始めるオススメのイラスト練習方法

あなた
効率の良い勉強方法が知りたい
あなた
どれくらいの期間練習すれば上達するのか知りたい。



 

こんにちは。ボンゴです。

今回の記事ではこのような悩みを持つ大人の方向けに、イラスト制作の上達方法やおすすめのツールをまとめて解説していきます。



学生の方のように「いまから専門学校にかよう」なんて選択肢をとることが難しい社会人。

本業も大事で、守るべき家族もあったりと色々な条件もありますが、結論現時点で画力レベルが0だったとしても、誰でも上達できます。



もちろん独学でもOKですが、効率よく練習したり適切なツールを利用することで成長スピードも早くなります。

一定以上画力があがってこれば、イラストを副業にすることもできます。



✅この記事で分かること

おすすめ練習方法

おすすめのツール・ガジェット

上達するまでの時間



✅この記事の信憑性

ボクの経歴でですがザックリこんな感じになっています

▶デザイン専門学校卒業

▶美術大学卒業

▶中学・高校の美術教員免許取得済

▶デザイナーとして実務経験あり

★漫画家挫折済

現在は本業サラリーマン、副業イラストレーターとして活動しています。

漫画家挫折して人生お先真っ暗から、なんとか就職して結婚しました。

現役バリバリのプロでも、エリートでもありませんし、ましては「才能」なんて無いですが、イラストの勉強だけは割としてきたので、ある程度信憑性あると思っています。



【イラスト上達術】社会人が画力0から始めるオススメのイラスト練習方法



■効率のより練習デバイス

結論:iPadPro&Apple Pencil

理由をまとめると下記のようなポイントになります。



ポイント

持ち運び可能。

プロも利用者多数。液晶タブレットと遜色ない表現が可能

イラスト制作以外の作業にも活用可能

本格的にデジタルで練習するなら費用は最安レベル。

おすすめのiPadモデルやイラスト制作におすすめのガジェットはコチラの記事を参考にしてみてください。



【iPadでイラストを描く】 おすすめの作業環境・ツールを紹介

続きを見る



とにかく手軽で多機能。かつ本格的なイラストが制作可能なのがiPadProになります。

ボクもiPadProのみでイラスト制作をしており、副業イラストレーターとして活動しています。

効率野の良い練習方法

結論:理想のクリエイターを見つけて模写



「絵がうまくなりたい」「こんな人みたいに表現できたら。。」



そんな原動力になったクリエイターさんのイラストを模写するのが一番効率が高いです。



よく「まずは基礎」「デッサン・クロッキー」なんて言われたりします。

もちろん基礎も大事ですが、「絵がかけるようになりたい」と熱い思いを抱いているのに、基礎練習ばかりでは楽しめず、結果継続しづらいのも事実です



 

憧れのクリエイターのイラストを模写するうちに

「もっと構造を理解したい」

「模写だけではなく、応用して自分の作品にも取り入れたい」



そんな気持ちになっていきます。

その時は、足りない技術を「基礎練習」で補填していましょう。



具体的な模写の練習方法はコチラ

イラスト上達方法 iPadで模写の練習するなら対象も画像データがオススメ。(具体的なやり方を解説)

続きを見る



iPadを利用した具体的な基礎練習方法はコチラ

【イラスト上達方法】デジタルクロッキーのやり方(iPadでの具体的なやり方を解説)

続きを見る

憧れのクリエイターのイラストを模写する際には以下ポイントに気をつけてみてください。

ポイント

・選り好みをしない

(背景も手も、複数人物も対象どおりに模写してみる)

・着色まで真似する

「自分には難易度高すぎないか。。」

くらいのレベルに挑戦することが、上達を早めるコツです。

「体は苦手だから」「背景は苦手だから」のような感じで選り好みせずに、「理想のイラスト」を1から10まで模写してみることがオススメです。



とにかく楽しんで継続する。

一般の方は99%「絵がうまくなりたい!」発想になりません。

つまり絵がうまくなりたい願っているあなたには、その時点で1/100人レベルの才能があると考えて良いです。



 

あとはその気持を継続しながら大事に育てていくことです。

自分が嫌になるような練習方法や、無理な目標設定をした結果、「継続」できなくなってしまうのが一番のリスクです。

とにかく理想を思い描きながら、「楽しんだもの勝ち!」です。



上達するのにどれくらいの時間がかかるのか

結論;3ヶ月継続すれば確実に成長を実感可能。



描いても描いても上達しないなんてことはありえません。

ノートへのラクガキレベルの練習でも毎日コツコツ練習すれば、必ず上達します。



3ヶ月もあれば、「うわ!3ヶ月前の俺、超下手!!」と実感できるレベルで成長可能です。



 

ポイントは画力の成長曲線は一般的な成長曲線と若干異なる点です。





スポーツも勉強も、少しづつ成長していくのが通常です。

しかし画力は、割と成長を実感できない期間がつづいいた後、一気に壁を乗り越えるイメージになります。



 

「あんまり上達しないなぁ。。。」なんて感じ始めた頃が、一気に画力が上がる直前です。



SNSやPIXIVをうまく利用しよう

TwitterなどのSNSやPIXIVを作人を投稿することによって「いいね」をもらえたり、自分と同じ趣味嗜好の方と繋がれたりできます。

特に自分のイラストが「いいね」されるとめちゃめちゃ嬉しい!



イラスト制作するための「心の栄養」になり、次はもっと「いいね!」してもらえるようにより良いイラストを描きたい!

と良いサイクルがうまれます。

一人自室にこもりながら練習するよりも絶対成長できるハズです。



■イラストを練習した先に待っている世界

練習して、ある程度自分の脳内でイメージしたとおりの映像を三次元に召喚ができるようになると次のようなステージが開けます。



イラスト制作依頼がくる

ココナラ、SKIMAなどで出品したイラストが売れる

自分のイラストを使用して、商品の宣伝が可能になる

友人知人からに似顔絵依頼や、結婚式のウェルカムボード制作依頼がくる



社会人の場合は本業とのバランスも考える必要がありますが、自分の制作したイラストで月に1万円程度であれば割と簡単に稼げるようになると思います。

好きなイラスト制作を継続して、収入にもつながればより人生の豊かさがアップします。



イラスト制作を継続し、理想のクリエイターになれるように楽しんでいきましょう!

この記事が、イラスト好きな方のすこしでもヒントになってくれたら嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

-イラスト上達方法
-, ,

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.