イラスト制作ガジェット

【iPadで絵を描く】Apple Pencilは必要か?(約5年利用した感想とスタイラスペンとの比較)

あなた
iPadで絵を描いてみたいけど、Apple Pencilって必要なの?
あなた
普通のスタイラスペンより圧倒的に高いから、購入に踏み切れない。
あなた
普通のペンとの違いが知りたい。

こんにちは。ボンゴです。

今回はこのような悩みを持つ方向けに、Apple Pencilのメリット・デメリット、通常のスタイラスペンとの比較も含めて解説していきます。

僕の簡単な経歴ですがこんな感じになってます。

22才:美術大学卒業

24才:漫画家目指して必死に頑張るも新人賞止まりで連載までたどり着けず挫折。

25才:デザイナーとして就職

25才:何故か携帯ショップのお兄さんに

   その後もイラスト制作はずっと継続。

   当時お金がなかったので、液晶タブレットなんてもちろん購入できず、普通のiPadとスタイラスペンと無料お絵かきアプリでデジタルイラスト制作を始める。

その後、iPad Proが発売された2015年11月にソッコーでApple Pencilとセットで購入し、これまで約5年間ずっとイラストや漫画を制作してきました。

制作したイラストはこんな感じです。

それなりに数も制作してましたし、有料でイラスト制作提供等も経験があるのである程度参考にして頂けると思います。

では行きましょう!

【iPadで絵を描く】Apple Pencilは必要か?(約5年利用した感想とスタイラスペンとの比較)

結論:iPadでイラストを制作するならApple Pencilは必須アイテム

いきなり結論。iPadでイラストを制作するなら間違いなくApple Pencilは必須アイテムです。

確かに一般的なスタイラスペンと比較して圧倒的に高額ですが、迷っている間に購入してしまったほうが良いと思います。

イラスト好きなら購入してあとから後悔することはまず無いと思います。その理由を順番に解説していきます。

Apple Pencilのメリット(一般的なスタイラスペンとの比較)

デジタルでイラストを制作するにあたって、使用する【ペン】に求められる機能として、最も重要なのが

【以下にアナログでの使用感に近くできるか】

この一点になります。

この【アナログに近い使用感】ももう少し深堀りすると次のような機能になります。

・筆圧感知機能

・傾き感知機能

・線の細い表現も可能

・画面に線を引いたときに遅延が少ない

このすべての機能が備わっているのがApple Pencilになります。

最近はそれ以外のスタイラスペンでも高機能なものが発売されていますが、絶対的に違うのは

【iPadは自分がApple Pencilで触られていることを理解できる】という点です。

この機能がiPadに備わっていることによって、ペン先以外の手のひら部分が画面に触れていても問題なく線を引くことが可能になります。

また指でタップする動作も含めてイラストの制作を進めることができるのでより効率的です。

※指でのタップで任意のブラシを呼び出しながら、線を引く等。

また直接イラスト制作には関係しないかもしれませんが、最近は高機能はBluetooth接続型のスタイラスペンも発売されてます。

これらはApple Pencilにせまる機能をもっているものもありますが、【都度接続するのが手間!】これが個人的には結構大きいです。

Apple Pencilは他のスタイラスペンと比較して【圧倒的にペアリングが楽】この点もオススメできる理由になります。

Apple Pencilのデメリット

充電が必要です。これは結構きついです。

特に絵を描きたいテンションがMAXで

【さあ!絵を描こう!】

と思い立ったときに、Apple Pencilの充電が切れていると本当にゲンナリします。

またイラスト製作途中で急に充電が切れてしまうのも辛いところです。

ただApple Pencilは

【15秒の充電で30分利用可能】

なので、一度集中力は切れてしまうかもしれませんが、比較的短時間で復活できるのは嬉しい所です。


Apple Pencilの消費期限

もちろん利用頻度にもよりますが、Apple Pencil自体はiPad本体よりも長持ちするのではないか。

というのが約5年使用した僕の感想です。

逆にiPadのほうが動作が重くなったりして交換したくなってます。

ぶっちゃけ普通に使っている分にはまったく不満はありません。

しかし、長時間イラストを描いていると、たまに発生するすこしの動作のカクつきがすごく気になってしまいます。

Apple Pencilのペン先部分【チップ】この部分は、一般的に6ヶ月ほどで交換が推奨されれいるみたいです。

ただ僕の場合は一度も交換することなく約5年間利用し続けました。

そして先日、ついに骨折してしまいました。

Apple Pencilには最初に交換用のチップが同梱されているのですが、小さい部品で僕の場合ははるか昔に紛失していました。

急いで近くの家電量販店に行き購入しました。金額は4つセットで2,400円程でした。

ネットで購入するともう少し安いかもしれません。Apple Pencilを購入した方が最初から予備のペン先【チップ】を購入する必要はありません。

なんか描き味が変わったな。

と思ったら予備のペン先を購入しましょう。


オススメの購入先

ぶっちゃけどこで購入しても対して金額かわりません。

先日開催された年に一度のお祭りセール【アマゾンプライムデー】で安くなるかなーと思ってチェックしていたのですが、特にセールの対象にはなっていませんでした。

注意すべき点は【第一世代のApple Pencil】は購入しないことです。

これは単純に今発売されているiPad Proはすべて第二世代のApple Pencil対応となっているからです。


まとめ:購入金額は高額ですが長期的な目線で見れば最強コスパです。

Apple Pencilの購入を迷われているかたの殆どが

【高い。他のスタイラスペンで良いんじゃないか】

という疑問があるからだと思います。

これまでお伝えしてきたとおりApple Pencilはデジタルイラスト制作に必要な機能がほぼフルセットで装備されており、iPad Proとペアリングも超簡単です。

また消費期限も本体より長いくらいなので一度購入してしまえばずっと利用できる【資産】として、あなたのイラスト制作をずっと支えてくれています。

※半年で交換推奨のチップも僕は約5年利用することができました。

プロのイラストレーターさんや漫画家さんも利用しているので、単なる便利グッズに収まらない商品であることが間違いありません。

iPadでイラスト制作するかたは絶対に合わせて購入しましょう。

僕は本業が【通信系の営業職】なので、このブログではスマホを安くするための情報発信もしています。

Apple Pencilが高くて購入を戸惑う!

そんな方は、スマホの料金を節約してその分のでApple Pencilを購入してみましょう。

日本の平均的なスマホの料金(毎月8,500円)で利用している方なら、2年間合計で15万円近く節約できるはずなです。

詳細こちらの記事で解説してますのでよかったらチェックしてみてください。

【iPhoneを格安で使う!】格安SIMビックローブへの乗換え方法解説(乗換え2ヶ月後の感想)

節約できる所は最大限節約し、投資すべき所はしっかり投資していきましょう!

この記事を読んでくれた方が、Apple Pencilをつかって最高のイラスト制作ライフを送ってくれたら嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

-イラスト制作ガジェット
-, , , , ,

Copyright© Bongo Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.