イラスト副業

【イラスト副業】好きなイラストを描いてお金を稼ぐ方法

こんにちは。ボンゴです。

今回の記事では


「好きなイラストを描いてお金を稼ぐ方法」



というテーマで解説していきます。



お金を稼ぐのだからそんな甘たったれた事言うな!

なんてヤジが飛んできそうですが、誰でも心の奥底では夢見てるテーマだと思います。

もちろんボクもその一人です。



ボク達クリエイターというやつは本当に困った人種です。



嫌なことはやりたくない!

好きな事をとことんやりたい!

そんなマインドが人一倍強い方が多い人種だと思います。



しかし社会に出て、責任が大きくなり守るべき家族も増えてくるとそんなワガママも言ってられなくなります。

そして

「好きなイラスト制作をしているはずなのに、何故か辛い」という謎の状況になります。



ボクはゴリゴリの少年漫画家志望だったのですが、結果連載までたどり着けずにデザイナーとして就職しました。

キャラクターやロゴのデザイン、脱毛サロン用のマンガ制作などを行っていましたが、正直全然楽しくなかったです。



誰でも「本当の本音」は以下のような感じではないでしょうか。



本音

締め切りに追われ続けるは嫌だ

顧客の依頼に答え続けるのシンドイ

何度もリテイクするのも嫌だ



本当の本音

自分の作品を沢山の人に見てほしい

沢山のイイネ!やリツイートがほしい

イラストレーターとして有名になりたい

「得意」を生かしてお金を稼ぎ、周りの人間を出し抜きたい

お金に余裕をがあり心にゆとりのある人生を過ごしたい



結論:好きなときに好きなだけ好きなイラストを描いて大金を稼ぎたい

言い換えると

「好きなイラストを使って不労所得を得たい」

と言っても良いと思います。



今回の記事ではそんな一見無茶に見える夢を叶えるための「第一歩目」に関して解説していきます。



✅この記事のわかること

不労所得を得るために必要なストックビジネスの理解

具体的な稼ぎ方5選



✅この記事の信憑性

簡単にボクの経歴ですがこんな感じになっています。

▶デザイン専門学校卒業

▶美術大学卒業

 在学中に美術教員免許取得

▶25歳までマンガ家目指し奮闘

 担当編集がつき、新人賞を複数回受賞するも連載までたどり着けず挫折

▶デザイナーとして就職

▶販売職・営業職などを経験し、現在は副業イラストレーターとして活動



副業にはチャレンジしてまだ2年未満です。

しかし全く何もしなくても月にある程度はお金が稼げるようになったので信頼していただけると思います。



【イラスト副業】好きなイラストを描いてお金を稼ぐ方法



イラスト不労所得を目指すためには、チャレンジするビジネスの「型」を理解しよう

イラストを制作してそれを顧客に販売する。



「イラストで稼ぎたい」と考える方が、まず最初に思い浮かぶビジネスモデルではないでしょうか。



実際に自分で制作したアナログイラストを「ヤフオク」などで販売している方も多くいます。

最近では「ココナラ」などでデジタルイラストの販売も可能です。



公式】ヤフオク

【公式】イラスト作成ならココナラ



そういったビジネスでは沢山の依頼があればお金はそれなりに稼げるかもしれません。

しかし制作者であるあなたの体には一つです。



こなせる量には限界がありますし、無理して詰め込めばクオリティも下がります。

なによりどんどん忙しくなるので、「不労所得」というイメージからはどんどん遠ざかっていきます。



こういった売り切り型であり、継続的な売上は見込めず、常に利用者を獲得する必要がありるビジネスのことを

「フロー型」

と言います。



フロー型のメリットは、サクッと稼ぎやすいことです。

「とにかくイラストで稼いでみたい・経験を積みたい」

という方は、まずはアナログ制作なら「ヤフオク」へ出品。

デジタル制作なら「ココナラ」で出品してみましょう。



逆にフロー型のデメリットは、継続的な売上は見込めないため常に利用者を獲得する必要があることです。

また案件毎に納期に追われながらイラストを描き続けなければいけない辛さもあります。



不労所得のカギは「ストック型」にあり

今回の記事のテーマである

「好きなイラストを描いてお金を稼ぐ方法」「イラストで不労所得を得る方法」に近いのは



「ストック型」

と言われるビジネスモデルになります。



先に解説した「フロー型」とは、「狩猟型」のビジネスモデルになります。

つねに獲物を探し求め狩猟成功することでお金を稼ぐ事ができます。

モンハンのイメージですね。



逆に「ストック型」とは「農耕型」のビジネスモデルになります。





農家のように畑を耕し種を植え、芽が出てきたら収穫します。





芽が出るまでは大変ですが、芽が出てこればあとは自分が何もしなくても収益が自動的に上がって来ます。





例を出すとボクが書いているこのブログです。

沢山の方がアクセスしてくれれば、製作者のボクに少しづつお金が入って来ます。



厳密には「記事を書く」「サイトをメンテする」という作業が発生するので「完全な不労所得」ではないかもしれません。

しかし、週末妻と旅行に行っている時も、子供と遊んでいる時も少しづつでは収益が発生し続けるのはとてもありがたです。



ストック型ビジネスには夢があり、自分のブログでたくさんのアクセスを集め月に何百万円も稼いでいる方もいらっしゃいます。

ただデメリットは最初の「芽」が出るまでがとにかく大変。

ブログで言えば「集客」がとても大変です。


しかし獲物を追い続ける狩猟型と比較して、農耕型は上手くいけば自分の分身たちが代わりにお金を稼いできてくれます。

自分の分身となる「資産」を量産していくイメージなります。



継続することに自身がある方は向いてます

先にもお伝えの通り、ストック型のビジネスはとにかく芽が出るまでが大変。

ボクもこのブログを運営して最初の半年間はほぼアクセスはありませんでした。



誰も訪れないけど、無我夢中で「誰かの役に立つ記事」を書き続けました。

正直しんどいと感じた事あります。



ブログというストック型のビジネスは、最初に「芽が出る」までに約9割の方が挫折して辞めていくと言われています。

このあと解説するブログ以外の「ストック型ビジネス」も、例に漏れずすべて最初は大変です。



あの手この手でお客様を集める作戦を立て実行し、結果の検証を繰り返していく必要があります。

「自分は割とコツコツと継続するのは得意かも」

そんな方はストック型のビジネスに向いています。



具体的なイラストを活用したストック型ビジネス5選

イラスト系ブログ

この記事のような、いわいるブログです。

自分のイラストを紹介する場にするもよし、イラストを利用して商品を宣伝してみるもよしです。

あるいは、マンガにして商品紹介などをしてみるのも良いかと思います。



ブログの収益は大きく二つに分類できます。



①アドセンス収益

②アフィリエイト収益



①のアドセンス収益は、1クリック〇〇円というような形での収益になります。

②のアフィリエイトとは「成果報酬型広告」と呼ばれるものです。

企業の商品やサービスを紹介してそこから申込がはいったら報酬がもらえる仕組みでになります。



とにかく最初の集客が大変ですが、実際に30代でブログビジネスを始めて、今や月収何百万円なんていう方もゴロゴロいらっしゃいます。

そういった意味ではとても夢があるビジネスだと思います。

こだわろうと思えば、ツールを購入したり、ドメイン料金などお金がかかりますが、最低限にレンタルサーバー代のみで始められます。



初期投資額:15,000円※レンタルサーバー代

難易度:⭐️⭐️⭐️



Pixivファンボックス

pixivFANBOXとは、クリエイターの創作活動を応援するためのファンコミュニティです。

「このクリエイターさんを応援したい!」

と感じていただけるように魅力的なサービス内容や月額料金を設定する必要があるので難易度は高いです。



ある程度クリエイターとしての認知度があるか、または圧倒的なクオリティが支援いただけるかどうかのポイントです。

お客様に支援いただいている期間は毎月の収入になります。



初期投資額:0円

難易度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️



詳細こちらの記事でも解説していますのでチェックしてみてください。



【PIXIVファンボックス開設】ファンの増やし方を営業職サラリーマンが考察



BASEでグッズ販売

BASEでは、自分で作成したイラストを「スマホケース」や「Tシャツ」にして販売する事ができます。

お客様が購入ボタンされてから、プリントされお客様のもとに届くシステムなので自分で在庫を抱えるリスクもありません。

グッズ販売というと、フロー型(狩猟タイプ)に思えるかもしれません。


確かに購入いただいたら、手配をする作業はあります。

しかしあなたの作成した「イラスト」が「資産」となってお金を稼ぎ続けれくれるのでこちらに分類しました。



【公式】BASE




初期投資額:0円

難易度:⭐️⭐️⭐️



YouTube動画

言わずと知れたYouTuberビジネスです。

イラストの系のジャンルでいえばメイキング動画や、「描き方」「稼ぎ方」などを発進されている方が多いです。



ただ前提として、「どこの誰かもわからない素人」の「クオリティの低いメイキング」には誰も興味ありません。

この辺りを試行錯誤して動画を制作する必要があります。



YouTubeの収益化条件は大きく以下の2つです。

これがかなりきつい!



①公開した動画の総再生時間が直近過去1年間で4,000時間以上

②チャンネル登録者数が1,000人以上



初期投資額:0円

難易度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

チャンネル登録者を増やしたり、まずは動画制作の感覚を掴みたい方は最近話題の「YouTubeショート」から始めてみるのがおすすめです。



イラストレーターの「YouTubeショート」伸ばし方戦略



NFTアート

最近なにかと話題のNFTアート。

簡単に説明すると、これまではアナログイラストにしか「一点物」としての価値はありませんでした。

しかしブロックチェーンという技術を利用してデジタルイラストにも「一点物」としての価値をつける事ができるようになっています。



自分の作成したデジタルイラストに「世界にただ1つ」という改ざん不可能な証明書をつけて販売するイメージです。



一見「狩猟型」っぽいですが、あなたが制作販売したNFTアートは、購入者様から別の方へ販売されたりします。

作品の価値が上がれば、購入者は当初あなたから購入した金額以上で他の方に販売することも可能です。

その際の販売金額の最大10%をロイヤリティとして制作者であるあなたの収益になるように設定が可能です。


あなたの制作したNFTアートが「資産」となり、販売後も収益を上げ続ける可能性があるのでこちらへの分類となります。

世界で最もNFTの取引が盛んなマーケットは「OPENSEA」となります。



迷ったらまずはこちらで最初の1作品を投稿してみましょう



初期投資額:時価※ウォレット初期化代が必要です。

金額はそのタイミングでのイーサリムの相場によります。

2021年12月現在でいえば、15,000円〜20,000円程度必要です。

難易度:⭐️⭐️⭐️⭐️



合わせて行いたいSNS運用

いずでのストック型のビジネスでも最も難しいのは「集客」です。

その集約の難易度を下げるために、併せて行いたいのがツイッター・インスタグラムなどんSNSの運用です。



SNSでフォロワーさんが多いということには大きく2つメリットがあります。



①フォロワーに自分の作品やブログ記事を届ける事ができる※集客源になる

②フォロワーが多ければ、その数があなたの「信頼性・威厳性」になる。



YouTubeでもたくさんの登録者がいるチャンネルは安心して視聴できますが、登録者が極端にすくない動画は視聴するのを躊躇うことがあると思います。



あなたのツイートや投稿をみて



「この人がおすすめする商品だったら自分も試してみたい!」

「この人が成功しているビジネス・副業なら自分も真似してみたい」



そうフォロワーさんに思ってもらえるような、「あなた」というコンテンツの魅力を最大化してくことで、ストック型のビジネスにも還元されていきます。



こちらの記事でTwitterでイラストを伸ばす方法・伸びない理由も解説してるので、気になった方はチェックしてみてください。



【Twitter論】伸びるイラストと伸びないイラストの違いを解説



この記事が「好きなイラストを描いてお金を稼ぐ」という理想に向けて、発進するきっかけになってくれたら嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。



-イラスト副業

Copyright© BongoBlog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.